☆最新刊!
☆例大祭14新刊!!(H29/5月7日発売) 「~All renewal~TOHO PMC SELECTION」
電子書籍委託販売はとらのあな様にて!!

☆「~All renewal~TOHO PMC SELECTION」に収録されている各作品も電子書籍にて単話販売!(H29/5月7日発売) 「TOHO PMC THE SUPREME WARRIORS」
電子書籍委託販売はとらのあな様にて!!

「TOHO PMC THE MIGHTY WINGS」
電子書籍委託販売はとらのあな様にて!!

「TOHO PMC THE REVERSE GUILT」
電子書籍委託販売はとらのあな様にて!!

「TOHO PMC THE WHITE WOLF」
電子書籍委託販売はとらのあな様にて!!

「TOHO PMC THE FUZZ」
電子書籍委託販売はとらのあな様にて!!

オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
QRコード
QRCODE
※敬称略、登録順表記                         

2016年11月12日

「EXCEED PERSONS」各話解説など(1)

ども!結城條です!

「EXCEED PERSONS」の最終回を公開してから、2週間が経ちました。
皆様いかがでしたでしょうか?(^^)

この度は、「EXCEED PERSONS」の各話解説を軸にキャラクター、舞台、戦闘などの解説をしてみました!(本編では語られていないことも書いてます!)
ただ1つの文章にまとめると、かなりの時間を要しそうなので、箇条書き形式にしております。ご了承ください。

そして長いので分割投稿(4回構成)とさせていただきます(;・∀・)
※描き下ろしのイメージイラストは第4回の記事にございます。

今回は1~3話の解説をお送りします!

それでは参りましょう!


EXCEED PERSONS
第1話「出会い(プロローグ)」

・この時期(エクシーズ覚醒前)の紗耶のプロフィールは、
身長:163cm
体重:50kg
年齢:17歳

なおエクシーズ覚醒後は
身長:164cm
体重:59kg ※ウエイトはその後もう少し増える。

・紗耶のMMA指導の恩師、三崎トレーナーが初登場。
本名は、三崎千枝(みさき ちえ)
年齢は20代後半。過去にMMAの大会で輝かしい成績を残すものの諸事情で惜しまれつつ引退。
以後、名郷ジムの指導員として働く。

まだこの時期はモブっぽいものの、後で紗耶を支える大人のひとりとして登場する。

・MMA GW 中部大会会場のモデルは、愛知県体育館。

・この大会は連覇とのことだが、細かく言うと高校2年、3年時の2連覇。つまり約1年間のトレーニングで優勝までいったこととなる。

・トライアングルチョークは三角絞めのこと。(後の矢崎戦でも使用。)

・紗耶は剣術をやっていたおかげで、間合いの把握が上手く立ち技打撃が得意。しかし組み技、グラウンドの攻防も高いセンスで上達し続けている。ENFORCER時代では打撃、投げ、関節と高い次元で体得している。

・6ページ目1コマ目の背景は、名古屋駅方面。

・紗耶の母親が初登場。
本名は、松木紗代子(まつき さよこ)
年齢は…30代後半から40代前半ってところでどうでしょう(;^^)

非常に童顔なので、紗耶の姉のようにも見える美人お母さん。

苦難の続く紗耶に対し、親身に寄り添ってくれる心優しき存在。
紗耶がしっかりとした教養を持ち、思いやりのある人物になれたのは彼女あってこそ。

夫は他界しているため、未亡人。

・紗耶のベッドに置いてあるフィギュアは「ねこてんぐ」。
彼女はこのキャラクターグッズが好きで、よく購入している。MMAのウェアにもコラボ商品があったため、それを着て大会に出場し優勝した。
(第6話でマスコットをフェルトで手作りする)

・松木家の所有車両はパッソ(2代目)。

・紗耶の今話の腕時計はアナデジタイプ。

・紗耶の恋人、紗耶の人生においてのキーマン、早水絢人(はやみ けんと)が初登場。
身長:176cm
体重:67kg
年齢:23歳

高校卒業後、警察官となる。その後、優秀な仕事ぶりが評価され、若くして刑事となる。
ある日、とある女子高生のボディガードをした際、その娘と恋に落ちる。それが彼にとっても人生の分かれ道だった…。

EXCEED PERSONSのもう一人の主役。
作者がどうしても紗耶の恋愛ものが描きたかったため、新しくキャラを制作。
因みに当初彼の設定は私立探偵の役柄で、性格も割と破天荒なタイプだった。
デザインはそのままで苗字は貴水だったが、最終的に刑事ということになり、名前を変更し(有名ドラマの刑事さんと苗字の読みが被るため)今に至る。

絢人と言う名前は、外国人さんの名前「Kent 」から。

・絢人のバイクはZZR1400(初代)。
ENFORCER時代に紗耶が搭乗したものは、絢人が乗っていたもの。
第6話でこのZZRが研究開発室所有のものと分かる。カスタム後、大型二輪を取得した後の紗耶が乗ることになる。

・最後のコマの「この出来事」とは「脅迫状を送られたこと」ではなく、「絢人と出会ったこと」のニュアンスが強い。


EXCEED PERSONS
第2話「少し変わった日常」

・親友、霧島香莉奈(きりしま かりな)が初登場。
ENFORCER時代の後輩、霧島芹香(きりしま せりか)の姉である。

香莉奈の名前の由来はトヨタ カリーナ(カリーナED)から。セリカと関係の深い車種(ある意味姉妹車?)なので。
芹香はトヨタ セリカから名付けた訳ではないものの、香莉奈は車種ネタからとっている。
他に名前の候補として紫音(しおん)(※トヨタ Scion tCのもじり)という名前があった。

おとなしくて、やさしい性格。とても友達想いで、少し泣き虫な一面がある。
話の要所で登場し、そう目立たずとも紗耶の心を支えるキャラクター。

かなりの秀才で、東京の大学を目指している。(第13話にて判明)

・晴嵐館の館長、岸先生がENFORCER時代に続き登場。
彼の本名は、岸將幸(きし まさゆき)
年齢は40代後半~50代前半。

剣術道場「晴嵐館」の館長。
紗耶は幼い頃から晴嵐館に通っているため、とても付き合いが長い。紗耶が尊敬する人物の一人。

剣術のみならず古武術にも正通し見識も高いため、よく県警からも指導のお願いが来るほど。
そのこともあってか、法執行機関(主に警察関係)の人間が多数在籍。

ENFORCER時代に登場した神谷チーフの上司、尾畑勝久警備部長とは同級生で、信頼厚い旧知の間柄。

EXCEED PERSONSにおいても紗耶を暖かく見守る。

因みに晴嵐館には別館があることが判明する。
なお晴嵐館の「晴嵐」は作者のサークル名(SEIRAN)から命名。


EXCEED PERSONS
第3話「予兆、そして…」

・紗耶のMMAジムの名前は「名郷(なさと)MMAスポーツジム」
MMA指導だけでなく、筋トレ講習やフィットネス教室なども行っている。
晴嵐館と同じく、こちらも法執行機関の人間が多数在籍。どちらかというと若い層が多い。

・紗耶の着用しているウェアのYJPのロゴは、YUKI JOE PRODUCEの意味。●は日の丸で国産であることを表している。架空のスポーツウェアブランド。

・紗耶が絢人にかけた技は、払い腰からのダブルリストロック(チキンウイングアームロック)。

・絢人の言葉の
「犯罪者の一方的且つ不当な暴力や圧力によって、罪もない人間が泣きを見る。それを防ぎ、みんなを守りたい」
これは後の紗耶にとっても信条となる。

・この頃は既にエクシーズの覚醒が始まっていため、難なく据え切りで8太刀 を成功させている。
描かれていないが、この日より前の稽古でも数回8太刀で成功していた。

・大きな覚醒の激痛は、頭のてっぺんから足先まで、骨、筋肉、内臓、全てに渡る。
紗耶は渾身の力で声を上げた後、意識を失ってしまう。



☆1~3話の感想(構成について)
振り返ってみますと、EXCEED'S ENFORCERの制作時と違い、1~3話にあまり盛り上がりを入れないゆるやかな構成にしてみましたが、失敗だったかもしれません(汗)
3話の最後に盛り上がりを入れた構成だったのですが、遅すぎたかも…。

こうなったのは、「紗耶の覚醒の原因が絢人に恋をしたこと」にしたかったためです。
1~3話で紗耶と絢人が引かれあう時間をある程度長くかけてから、好きになった描写をいれないとちょっと不自然かなと思いまして。(紗耶の場合は、たった1話でいきなり大好き!みたいな感じにはしたくなかったというのはありますね…。)

また制作時、全13話前後の物語にしたかったため、3話ほどは徐々に引かれあう描写を入れるつもりでした。

因みに脅迫状を送った人物も、殺人事件を起こした犯人も物語に関与しなかったのは、「身の危険が迫ったから覚醒」というパターンを紗耶には使いたくなかったからです。(これは別のキャラクターに使う予定だったので(;^^))
あともう一つの理由は、人生において不安だった案件が意外とあっさりと解決したり、その案件よりも全く別件で、いきなり相当大変な出来事が自身にふりかかることがあったりすると思います。
それを当てはめてみた次第ですが、これって分かりにくいですよね…(汗)

やっぱり漫画は難しいです。今考えると代替案が出るのですが、今更どうしたものかと…(汗)
当時は当時で時間との兼ね合いもありますしね…。色々と学んで慣れていくしかないです(;^^)


…今回はこのあたりでしょうか!※第2弾はこちら


☆☆☆「EXCEED PERSONS」のご意見、ご感想、お待ちしております!
もしございましたら、作品の良かったところ、悪かったところ、次回どんな作品が見たいか、などお聞きしたいです(^^)当記事のコメント欄にて受付を致しております。
ご意見、ご感想は非公開と致しますので、お気兼ねなくどうぞ!
※そのためコメント欄返信が出来ないこと何卒ご容赦くださいm(__)m
※通常コメントはいつも通りご返信致します。
※通常コメントはいつも通りご返信致します。
※誹謗中傷はご遠慮ください。






同じカテゴリー(オリジナル漫画)の記事画像
「EXCEED PERSONS」各話解説など(4)
「EXCEED PERSONS」第14話(最終回)公開!
「EXCEED PERSONS」第13話(4)公開!
「EXCEED PERSONS」第13話(3)公開!
「EXCEED PERSONS」第13話(2)公開!
「EXCEED PERSONS」第13話(1)公開!
同じカテゴリー(オリジナル漫画)の記事
 「EXCEED PERSONS」各話解説など(4) (2016-11-12 19:53)
 「EXCEED PERSONS」各話解説など(3) (2016-11-12 19:53)
 「EXCEED PERSONS」各話解説など(2) (2016-11-12 19:51)
 「EXCEED PERSONS」第14話(最終回)公開! (2016-10-29 18:14)
 「EXCEED PERSONS」第13話(4)公開! (2016-10-22 18:18)
 「EXCEED PERSONS」第13話(3)公開! (2016-10-14 23:39)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。