オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
QRコード
QRCODE
※敬称略、登録順表記                         

2011年05月03日

第4回AKパーツオールレビュー!!

どもJOEです!

本日は第4回AKパーツオールレビュー・フロント周り(その2)編です(^^)(第3回は2011年05月02日の記事にあります!)

それでは参りましょう!


1+2、SAMSON K-Rail Model-1 (レプリカ・NB、恐らくELEMENT製)


(↑画像のアンダーレイル部分がK-Rail )
本来バラバラなのはおかしいのですが…(後述)BHI SOPMOD AK2008で一躍有名になったAKフロントレイルシステム。
アウターバレルの根元にクランプを挟み込んで固定し、そこからロアレイルを取り付け後、アッパーレイル取り付けるシステムになります。レイル幅は約18マスありレイル長は長い部類に入ります。ただK-Rail Model-1のレイル幅の切り方は、人によってはメリット、デメリットになり得ます。ちょっと箇条書きしてみましょう。

・アンダーレイルが3マスカットされている為、アンダーフォールディングストックがしっかりと収納できます。ですがそのカットされた部分がフォアグリップのベストポジションのユーザーには悩みの種です。

・クランプの取り付け場所にあたる部分は(SAMSON K-Rail Model-1 と刻印が打たれている部分)耐久性を重視したのか、下左右共にレイルがついていません。下はAKのマガジン問題のため要らないとは思いますが、左右はサイドフォアグリップのベストポジションになり得るのであって欲しいところです。ガタイの大きい人なら問題ないのですが…。

・上記のデメリットの裏返しかもしれませんが、かなり強固なフリーフロートとなっています。しかも分解が楽なのですぐにもとのAKのスタイルに戻しやすい。私は気分でよく変えるので大きいメリットです(笑)

因みに2011年04月24日の記事に、取り付け時リテーナーどうするの?とかネジ穴がきってないZE!とかの話題もあるのでそちらも是非(笑)

3、UltiMAK M1-B オプティカルマウントベース(実物)

(↑画像ロアの部分です)
AKのマウントべースでは最も使いやすいです!2011年04月12日の記事参照~( ・∀・)

4、バレルライトマウント(レプリカ・G&P製)

バレル長がこのライトマウント以上あればどんな銃にでも取り付け可能です。レイルの幅が1マスしかないのでどちらかというと、小型のライト向けでしょうか。私はSUREFIRE製G2 NITROLONを取り付けています。

5、Samson「RSR-1」Rear Sight Rail(実物)

袋とツーショット(笑)こちらは2011年04月13日の記事に記載があります(^ω^)


☆何故SAMSON K-Rail を上下につけていないのか?
すいません!2011年04月24日の記事にきさ(ry どんだけ読者様をたらい回しにするんだ!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'  お…おさらい記事企画でもあるのでお許しおぉ~~…


えーと…本日はこの辺で終了です(笑)
次回第5回アクセサリー編です!

☆おまけ☆

ハイブリッド好きです(笑)

☆お知らせ☆
東方PMCの表紙、イメ-ジイラスト、お試しページ公開中です。サイドバー「同人活動」カテゴリーからどうぞ(^ω^)






タグ :AKSAMSON

同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
AKレザーチークパッド(+その他)製作しました!
S&W M&P R8 真依子グリップレビュー!
スコップ(シャベル)AKレビュー!
STI 2011 エントリーA1 レビュー!
P226用アルタモント木製グリップレビュー!
モスバーグM500レビュー!
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 AKレザーチークパッド(+その他)製作しました! (2015-06-07 00:25)
 S&W M&P R8 真依子グリップレビュー! (2015-03-28 18:01)
 スコップ(シャベル)AKレビュー! (2015-01-31 18:09)
 STI 2011 エントリーA1 レビュー! (2014-08-12 18:09)
 P226用アルタモント木製グリップレビュー! (2014-08-02 18:07)
 モスバーグM500レビュー! (2014-05-09 18:24)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。